京都でおすすめする仏像のたった2つの条件「その違いも解説!」

京都でおすすめする仏像

「今度、京都に観光に行くのだけどおすすめのところないの?」

誰しもが知っている京都にはたくさんのお寺や仏像があります。

[icon name=”check” prefix=”fas”] 今回の内容

  • 京都でおすすめする仏像
  • 「国宝」と「重要文化財」の違い

 

今回解説する内容は、「国宝」と「重要文化財」別に京都のおすすめするべき仏像を紹介しています。

実際に京都に行ったときに、どこのお寺にお参りするとよいのかの判断する材料になります。

これから京都のどこに観光するのか迷っている方は、ぜひお読みください。

京都でおすすめする仏像とは

京都でおすすめする仏像とは、ズバリ「国宝」と「重要文化財」です。

京都は「国宝」と「重要文化財」の仏像が数多くあります。

「国宝」と「重要文化財」の違いは?

そもそも「国宝」と「重要文化財」の違いは、戦後の1950年に文化財保護法によって分けられました。

元々は、第二次世界大戦前の日本には重要文化財がなく、すべて国宝でした。

しかし、戦後に文化財保護法が施行され、今まで国宝だったものが重要文化財に指定されました。

その重要文化財の中から、とくに貴重なものを国宝というようになっています。

[icon name=”info” prefix=”fas”]「国宝」と「重要文化財」の違い

国宝は重要文化財であり、なおかつ、国宝である

 

ちなみに、施工された文化財保護法によって、日本国内の国宝や重要文化財の保護などのために必要な経費を一部の公費からねん出されています。

それでは、次に京都にある国宝・重要文化財のおすすめの仏像を見ていきましょう。

国宝の仏像10体

[icon name=”check” prefix=”fas”] 国宝の仏像10体

重要文化財の仏像5体

[icon name=”check” prefix=”fas”] 重要文化財の仏像5体

実は、奈良にも国宝や重要文化財の仏像があるので、もし気になる方は関連記事を参考にしてみてください。

[clink url=”https://tonahoto.com/buddha-statue-nara/”]

 

京都でおすすめする仏像の口コミ

https://twitter.com/ggggggravity/status/559887170287063040

京都でおすすめする仏像の口コミや評判をみていくと、「心が癒された」「お寺だとゆったり拝観できた」などいうものがありました。

たしか東京の博物館で展覧会などを開いても、人がごった返しになってしまいますよね。

それに本来、ある場所で拝観する方がずっとキレイに向き合えると思いますよ。

京都観光におすすめの時期は?

たしかに東京に行くよりはゆっくりその街並みも楽しむことができますが、やはり人の密集には気を付けたいですよね。

オススメの時期は、葵祭の5月半ばをすぎた初夏から夏にかけての時期です。

春は桜、秋は紅葉でその顔が違う京都。

新緑の頃の紅葉は、陽光に透けるくらい鮮やかな緑を楽しめる青紅葉となっています。

「人混みはちょっと苦手・・・」

という方は、ぜひ参考にしてみてください。

京都でおすすめする仏像 まとめ

以上、京都でおすすめする仏像については以上です。

今回わかったことをまとめると下のようになります。

今回わかったこと
  • 京都でおすすめする仏像とは、「国宝」と「重要文化財」の仏像
  • 国宝は、重要文化財の中から、とくに貴重なものをいう
  • 人混みが苦手な方は、5月半ばをすぎた初夏から夏にかけての時期がおすすめ!