中学生の学習に通信教育 おすすめ6選「塾とどっちがいいの?」

中学生の学習に通信教育 おすすめ6選「塾とどっちがいいの?」

中学生は子どもにとって大切な時期。

それは一番成長する段階で進路にも大きな影響を与えます。


部活も習い事も忙しい子どもはなかなか勉強できる時間も多くありません。

あきこ
あきこ

子どもの通信教育どこがいいのか分からない・・・
通信教育と塾ってどっちがいいの?

そこで今回は中学生におすすめな通信教育を紹介していきます。

この記事でわかること
  • 中学生通信教育 おすすめ人気ランキング
  • 中学生の学習は通信教育と塾どっちがおすすめ?

本記事を読むと、自分にピッタリな通信教育が分かり、効率的に勉強していけます。

通信教育と塾の違いについても紹介していますので、これから勉強を頑張りたい人はぜひ読んでください。

中学生通信教育 おすすめ人気ランキング

進研ゼミ 中学講座


部活や遊びも充実

 (5)

¥5,980~(税込)

進研ゼミ中学講座は教科書をかみ砕いて解説してくれ、赤ペン先生が個別に指導してくれる通信講座。

小学生や入学前からはじめることで学習習慣が身につけられます。

高校受験などに活用すると、県別の入試予想問題と使えるテクニックや応用力を効率よく身につけられます。

スマイルゼミSANGO


親も学習状況を把握できて安心

 (4)

¥7,480~(税込)

スマイルゼミは20年以上教育現場で培ってきたノウハウがある通信講座。

子どもがあきない工夫が考えられており、自発的に勉強をしてくれるようになります。

今だけ会費・タブレット代を含む全額を返金してくれる全額返金保証がついているので、試しに受講してみるのもいいかもしれません。

スタディサプリ


入会金や初期費用が不要で高コスパ

 (4)

¥2,178(税込)

スタディサプリは子どもの理解度に合わせた学習ができる通信講座。

10,000問以上の演習問題から一人一人に適した問題を出してくれます。

提示された課題をゲーム感覚でこなすことで達成感も感じられ、勉強へのモチベーションアップに繋がるでしょう。

自立学習Red


プロ講師がとことん個別学習を進めてくれる

 (3)

¥8,900~(税込)

自立学習Redは日本全国190箇所の地域に展開している通信講座。

先生は生徒一人ひとりに向き合ってくれてしっかりと指導してくれることに定評があります。

子どもに合わなかった場合でも4回受講する前でしたら、全額返金保証が利用できるため、きちんとできるか不安な方にもおすすめです。

学研オンエア


家にいながら一流講師の授業が受講できる

 (3)

¥6,050~(税込)

毎週決まった曜日・時間に行われる授業を家にいながらオンライン受講できる通信講座。

勉強をおもしろいと感じてくれるようになり、講義がない日でも毎日進んで学習してくれるようになります。

1科目からでも始められ、疑問に思ったこともリアルタイムで質問できるメリットがあります。

ノーバス


厳選された家庭教師による指導

 (3)

¥24,200~(税込)

ノーバスは厳選された優秀な家庭教師を派遣する家庭教師派遣センター。

料金が明確なのがうれしいですし、副教材による追加料金は発生しません。

やる気を出して勉強してほしい子どもにおすすめです。

中学生の学習は通信教育と塾どっちがおすすめ?

中学生の学習は通信教育と塾のどっちがおすすめかは一概にはいえません。

そもそも下記内容が大きく変わってきます。

  • 学習する環境
  • 学習のペース
  • 疑問の解消方法
  • 費用

順番に解説していきます。

学習する環境

塾の場合、全体で授業を受ける必要があるため、決まった曜日や時間に塾に通塾する必要があります。

そのため、部活や他の習い事をしていて塾に行く時間を取りにくい人には塾は向いていません。その点、通信教育は時間や場所に縛りがありません。


自宅だとゲームや遊びの誘惑がどうしてもありますが、部活や他の習い事をしていても続けていきやすいです。

学習のペース

塾の場合、学習のペースをコントロールしにくいです。

理由は他の生徒と一緒に授業を受けるスタイルだから。通信教育の場合には、自分に合ったカリキュラムを受けられる講座も多いので、自分の理解度に応じて、学習を進めていけます。

受験対策は塾の方がノウハウを持っている場合もありますが、受験する高校をリサーチして対策をしてくれる講座もあります。

疑問の解消方法

塾の場合、疑問に感じたことをすぐに講師の先生に質問が可能です。

その一方、通信教育の場合はメールや手紙でやり取りする場合もあり、少しタイムラグが出てしまいます。しかしリアルタイムで授業や指導を行ってくれるオンライン家庭教師などの場合、すぐに質問できます。


疑問の解消をなるべく早くしたい方は、塾に通うかオンライン家庭教師などの利用をおすすめします。

費用

塾で週1回通塾する場合には、年間平均238,301円(1か月19,858円)となっています。

それに比べ通信教育の場合、年間平均172,164円(1か月14,347円)となっています。


比較的通信教育の方が、費用的には抑えられるといえます。


どちらが向いているのか判断する方法

子どもの性格や科目の理解度によって異なりますが、コツコツ自分で学習に取り組めるのであれば、通信教育がオススメです。

モチベーションアップをしてくれる通信教育の中にはあるため、指導システムや子どもとの相性をよく考えて選ぶようにしましょう。


一人でなかなか集中できない子どもやより高度な内容を学習させたいのであれば、塾も良い選択肢だといえるでしょう。


高校受験の対策が遅れている子どもには塾をおすすめします。

中学生通信教育 おすすめ|まとめ

進研ゼミ 中学講座


部活や遊びも充実

 (5)

¥5,980~(税込)

進研ゼミ中学講座は教科書をかみ砕いて解説してくれ、赤ペン先生が個別に指導してくれる通信講座。

小学生や入学前からはじめることで学習習慣が身につけられます。

高校受験などに活用すると、県別の入試予想問題と使えるテクニックや応用力を効率よく身につけられます。

今回わかったこと
  • 中学生通信教育のおすすめは進研ゼミ中学講座
  • 通信教育と塾どちらがおすすめかは人によって変わってくる

今回は中学生通信教育 おすすめ人気ランキングを紹介しました。

紹介した講座は、個別で詳しく解説しているので、気になったものを読んでください。


通信教育の講座を有効的に使うと、塾に行かなくても授業や試験対策もでき、その分部活や習い事を頑張れます。


少しでも良い学校生活になれるように、自分にピッタリな講座を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。